らうんどあばうと

ラウンドでアバウトでランデブー

【CD感想】名前をつけてやる / スピッツ

スピッツの2ndアルバムで、ジャケットの猫が印象的なアルバム。地味だが、いい曲も多く、スピッツ初期3作あたりの中では『惑星のかけら』と並んで好き。歌謡テイストな曲が多く、歌詞が変な曲も多い。若い時のマサムネさんの声は、少年のような声で、初期アルバムの中だとその雰囲気が一番マッチしているアルバム 。短い曲が多く、11曲なので、さらっと聞ける。


1.ウサギのバイク ★★★★☆

長いイントロからのらーらーらーらー。


2.日曜日 ★★★★★

パンクロック的で、奇妙な歌詞。


3.名前をつけてやる ★★★★★

スピッツらしい歌詞で、浮遊感のあるメロディ。


4.鈴虫を飼う ★★★★☆

テツヤさん作曲。歌い方がぼそぼそしており、アンニュイな感じ。


5.ミーコとギター ★★★★☆

ハードめで、演奏がおもしろい。ベースがギュガギュガしてる。


6.プール ★★★★☆

個人的に、アルバムの中でも完成度は抜群。物憂げな曲調で、歌詞はさすがマサムネさん。

君に会えた 夏蜘蛛になった


7.胸に咲いた黄色い花 ★★★★☆

ここまでの流れから一転してポップ。聞きやすい。


8.待ちあわせ ★★★☆☆

パンクな曲、3分に満たない短い曲。


9.あわ ★★★★☆

ゆったりとしていて、若かりし頃のマサムネさんの声が堪能できる。


10.恋のうた ★★★★★

古い曲で、インディーズの頃のアルバムである「ヒバリのこころ」にも収録されている。マサムネさんがギターを持たずハンドマイクで歌う。歌詞は非常にストレート。

きのうよりも あしたよりも

今の君が 恋しいから


11.魔女旅に出る ★★★★★

最後はシングルであるこの曲。ストリングスが使われており、オーケストラサウンドが使われたミニアルバム「オーロラになれなかった人のために」に続くものとなる。ストリングスのおかげで、どことなく壮大になっている。Aメロの歌詞にテツヤさんがかぶせてくるが、そのマサムネさんと比べて低い声が気持ちいい。


名前をつけてやる

名前をつけてやる