らうんどあばうと

ラウンドでアバウトでランデブー

【CD感想】空の飛び方 / スピッツ

スピッツの5作目のオリジナルアルバムで、有名曲である「空も飛べるはず」が収録されている.前作「Crispy!」を経て,スピッツらしさが完成した感があるアルバムで,このアルバムの雰囲気は現在でも引き継がれていると思う.ポップなロックで聴きやすい。


1.たまご ★★★★☆

楽しくてかわいい曲。歌詞がマサムネさんらしい意味深さ。


2.スパイダー ★★★★☆

仮タイトル「はやい曲」で、確かにアップテンポの曲、のちにシングルカット。ライブではテンポを上げて演奏され、さらにカッコよくなる。イントロのギターもカッコいい。


3.空も飛べるはず ★★★★☆

スピッツ御三家のひとつ。教科書にも載っているような曲。ドラマ「白線流し」の主題歌として採用されたことから、シングル発売から数年遅れて、ミリオン達成した曲でもある。


4.迷子の兵隊 ★★★☆☆

シリアスな曲。「SJ」と同じような雰囲気だと思いませんか?


5.恋は夕暮れ ★★★★★

ホーンが響いて壮大で、高級料理みたいな。歌詞がとても良い。こういうアレンジされると気持ち良いです、アルバムの中だと『サンシャイン』と並んで好きな曲。


6.不死身のビーナス ★★★★★

スピッツはこの系統の曲が一番好き。ロックを前面に押し出していて、歌詞はどことなくポップで、つい口ずさみたくなる。ライブで演奏する際は、歌詞の

ネズミの街 さびしい目で遠くを見てた

の「ネズミ」の部分はライブ開催地の名前に代わります。


7.ラズベリー ★★★★☆

ポップで良いです。


8.ヘチマの花 ★★★☆☆

落ち着いた曲。


9.ビーフェイス ★★★★☆

これは、マサムネさんが友人に作った曲で、珍しく歌詞が分かりやすい。 シングル「空も飛べるはず」にB面として収録されているが、アルバムバージョンではホーンが加わり、さらにテンポが上がっている。こっちに慣れると、シングルのほうは何だか味気ない。


10.青い車 ★★★★☆

爽やか。

おいてきた何かを見に行こう もう何も恐れないよ

と歌詞にあるが、この「何か」が続いたことはマサムネさんとしては反省点らしい。ラジオでおっしゃっていました。


11.サンシャイン ★★★★★

綺麗なサウンドで、マサムネさんの声も綺麗。


空の飛び方

空の飛び方