らうんどあばうと

ラウンドでアバウトでランデブー

【CD感想】インディゴ地平線 / スピッツ

春の陽気のような初恋クレイジー、渚は夏らしく、アルバム全体としては落ち着いていて秋のようでいながら、音のくぐもりからは冬らしさも感じることができる。地味な曲も多いですが、長く聴き続けられるアルバム。


1.花泥棒 ★★★☆☆

テツヤさん作曲。


2.初恋クレイジー ★★★★★

これはスピッツの曲の中でもかなり突出して好きな曲。流麗なイントロが好き。ハーモニカもいい。


3.インディゴ地平線 ★★★☆☆

タイトル曲。肌寒いサウンドに哀愁が漂う。


4. ★★★★★

イントロがもう渚満載してる。


5.ハヤテ ★★★★☆

これと次のは可愛い感じの曲。


6.ナナへの気持ち ★★★☆☆

間奏に会話を早回ししたものが挟まれている。 この曲を作ったときは知り合いにナナという名前の女性がいないことを心配したらしい。もともとはナナじゃなかったとか聞いたことがあるけど正確でないかも。


7.虹を越えて ★★★☆☆

それほど好きじゃないけどアルバムの雰囲気を構成するのに一役買っていると思う。


8.バニーガール ★★★★★

ここまでは落ち着いた曲が多かったけれどわりと激しめ。ライブでめちゃくちゃかっこいい。


9.ほうき星 ★★★☆☆

リーダー作曲。歌詞が歌詞っぽい。


10.マフラーマン ★★★☆☆

後ろでなってる音(何の楽器とかそういうのは分からない)がけだるい感じ。


11.夕陽が笑う、君も笑う ★★★★★

可愛くてポップで好き。はじめとおわりのぱーぱーぱぁーっぱーぱーぱぁーっが気に入ってる。アルバムの最後にあってもおかしくないような曲。


12.チェリー ★★★★★

超有名曲。いい意味で浮いてるからこの曲順が僕は好き。ロビンソン、空も飛べるはずを合わせた御三家の中だと一番好き。


インディゴ地平線

インディゴ地平線