らうんどあばうと

ラウンドでアバウトでランデブー

【CD感想】魂のゆくえ / くるり

くるりの7thアルバム。コンセプトはなく、色々な曲が集められている。地味なアルバムに分類されがちだけど、かなり好きなアルバム。全体として、内省的な曲が多く、低いところで安定しているといった感じ。ピアノが多用されていることも印象的。#7さよならリグレットまでの流れ、そこから#11魂のゆくえまで、そして終わりに向かっていく最後の3曲。きれいにまとまっていると個人的には思う。


1.LV45 ★★★★☆

LV30からレベルアップしている。割合に重厚。


2.愉快なピーナッツ ★★★★☆

シングル。鳴り続けるギターの音がいい。シングルの中では地味さが否めない。


3.太陽のブルース ★★★★★

くるりらしいと言っていい落ち着いた曲。


4.夜汽車 ★★★★★

カントリーちっくな曲。軽快でポップさもあり、ピアノが心地良い。


5.リルレロ ★★★★☆

アルバムの中にありがちな変な曲。ディストーションしている。


6.つらいことばかり ★★★★☆

ピアノが主役の曲。間奏のピアノがノッている。こういう歌い方もときどきしますね。


7.さよならリグレット ★★★★★

シングル。優しく、美しい曲。すき。これもピアノがきれい。ピアノって弾き方で全然違う表情を持ててすごい。


8.かごの中のジョニー ★★★☆☆

ジョニーってハイウェイにも出てくるけど、いったい誰?


9.Natsuno ★★★★☆

シンプルな曲。夏の切なさが思い浮かぶ。


10.デルタ ★★★☆☆

デルタは鴨川デルタのことかな?


11.魂のゆくえ ★★★★☆

踊るようなピアノが前面に押し出された、アルバムのタイトルにもなっている曲。楽しげ。


12.ベベブ ★★★☆☆

諧謔風味もある曲。バンドサウンドが気持ちいい。


13.背骨 ★★★★★

実質アルバムラストの曲。重厚なロックナンバー。後半の歪んだギターがアルバムを締めるのにふさわしいものとなっている。


14.三日月 ★★★★★

シングルで、ボーナストラック。しっとりとしたピアノが入っているおかげで、哀愁、そして風情のある曲。ボーナストラックだけど、アルバムの中だと一番好きな曲。


魂のゆくえ

魂のゆくえ