らうんどあばうと

ラウンドでアバウトでランデブー

【CD感想】Bust Waste Hip / THE BLUE HEARTS

THE BLUE HEARTSの4枚目のアルバム。色々な曲が入っている。ヒロトのストレートな曲 とマーシーの抽象的な曲が混交しており雑多ともいえるが、最後の3曲は屈指の名曲。


1.イメージ ★★★☆☆

やっぱヒロトの声かっこいい。


2.殺しのライセンス ★★★★★

タイトルからしてすごい。


3.首つり台から ★★★☆☆

シンプルパンク。


4.能天気 ★★★★☆

雰囲気はホームランと似てる。情に訴えるCメロとサビが良い。


5.夜の中を ★★★☆☆

シャラシャラとポカポカなってるのがすき。マーシーっぽい歌詞。


6.悲しいうわさ ★★★★☆

低音が心地良い。結構すき。


7.Hのブルース ★★☆☆☆

ブルーハーツの長い曲あまり好きじゃない…


8.夢の駅 ★★★★☆

かわいらしい曲。


9.恋のゲーム ★★★★☆

恋を勝負事に捉えた曲。


10.スピード ★★★☆☆

1stに入ってそう。


11.キューティパイ ★★★☆☆

円周率をただ歌いつづける曲。


12.情熱の薔薇 ★★★★★

有名。アツい。


13.真夜中のテレフォン ★★★★★

ボーカルがヒロトではなく、河口。雰囲気が最高。コーラスも良い。 なんだろう、テレフォンっていうとちょっと昭和っぽい。まあもう平成も終わるんだけど。 このあとにナビゲーターが続くのが感傷を誘う。


14.ナビゲーター ★★★★★

名曲。諧謔サウンドの中で歌詞がすごい。連綿と続いてきた宇宙への悲しみを感じる。


Bust Waste Hip

Bust Waste Hip