らうんどあばうと

ラウンドでアバウトでランデブー

CD感想

【CD感想】Songs From Northern Britain / Teenage Fanclub

長閑なギターポップで聴くと穏やかな気持ちになる良いアルバムです。ナチュラルでメロディアスな雰囲気です。 1.Start Again ★★★★★ 2.Ain't That Enough ★★★★☆ 3.Can't Feel My Soul ★★★☆☆ 4.I Don't Want Control Of You ★★★★★ 5.Planets ★★★★★ ストリング…

【CD感想】君の魔法 / waffles

可愛らしくて明るいメロディが詰まったアルバム、こういうのも良いですね。でもサウンドは可愛らしいだけにしていないところがやっぱりwafflesは良いなあって思います。ジャケットもアニメ風でかわいいです。年取ったら雰囲気に負けて余り聴けなくなりそうで…

【CD感想】さざなみCD / スピッツ

スピッツ結成20年に発売されたアルバム。歌詞にも演奏にも歪みが少ない爽やかなポップスが多く並び、聴きやすい。インパクトのあるシングル曲は無いように思うけれど、アルバム曲の方にむしろ存在感がある。特に『桃』は人気のある名曲。清涼感があって夏に…

【CD感想】グッドナイト / 森は生きている

前作と比べてサイケな雰囲気が加わったアルバム。多種多様な音楽が混交されていてモダンともクラシックともつかない独特の空気感で聴くのが面白い。 1.プレリュード ★★★☆☆ 2.影の問答 ★★★★★ イントロのサイケな感じがカッコイイ。 3.磨硝子 ★★★★☆ 前作っぽい…

【CD感想】森は生きている / 森は生きている

森は生きているのセルフタイトルアルバム。モノクロームな雰囲気が懐かしさを帯びていて、幻想的でもあります。曲名や歌詞を見る限りどこか衒学的だなと思っていたんですが、聴いてみたら朝方の霧がかかっている時間帯のような魅力があります。結構好きです…

【CD感想】The Endless River / Pink Floyd

ピンクフロイドのかなり好きなアルバムです。タイトルとアートワーク、そして個々の曲の調和が素晴らしい!一貫して静を纏っておりボーカルが少なくBGM的ではありますが、通して聴くと場面の転換も感じられ、僕はこの雰囲気にハマりました。 1.Things Left U…

【CD感想】キュプラ / フレネシ

ウィスパーボイスが綺麗なフレネシのアルバム。去年の6月ぐらいによく聴いていました。洒落ているだけではなく、可愛いだけではなく、余韻を残す声とサウンドが絶妙なバランスを保っていて快い音楽です。晴れ間が見える雨の日に気にせずスキップしているよう…

【CD感想】aurora arc / BUMP OF CHICKEN

今月発売されたバンプの最新アルバム。完全新曲は『aurora arc』と『ジャングルジム』の2曲だけで、言ってしまえばほとんどベストアルバムですね。かようになるのは仕方ないと思いますし、バンプもアルバムは単に楽曲をまとめるだけ というスタンスになって…

【CD感想】さよならストレンジャー / くるり

くるりのメジャーデビューアルバム。くるりの他のアルバムに比べると地味なことは否めませんが、そこが好きです。情景が浮かんでくる歌詞とゆったりとしたメロディから日本情緒が醸し出されています。アルバム全体がどことなくどんよりとしており、陰鬱なと…

【CD感想】醒めない / スピッツ

冬にはアルバムが出ることが確定しているので、それに備えて(?)現時点でスピッツの最新アルバムとなっている『醒めない』の感想を書きます。前作『小さな生き物』が切なく優しい雰囲気だったのに対し、このアルバムではバンドサウンドが主張するストレートな…

【CD感想】落雷 / ピロカルピン

爽やかなギターが目立つポップロックの6曲です。ギターもですが、何よりも印象に残るのはボーカルの澄み渡った伸びやかな声ですね!耳に一直線に向かってきます。ストレートなサウンドの中にも柔らかい不透明なサウンドがあるのが面白いです。このバンドは気…

【CD感想】American Pop / The Szuters

ギターが響くカッコいいアルバムです。放置していましたが最近ようやく聞きました。中盤が冗長に感じましたが力強いギターポップスが軽快で良いですね。曲によって音がモコモコしているような気がしましたのでそこは残念でした。13曲はちょっと多いかなとい…

【CD感想】Momentary Lapse of Reason / Pink Floyd

めちゃくちゃ好き、ということはないですが良いアルバムです。邦題は『鬱』ですが、別にそのようなイメージは受けませんでした。むしろサラッと聴けてしまうアルバムだと思いました。個人的には微妙なアルバムで、というのも僅かにのみあるノスタルジーとお…

【CD感想】SONGS ABOUT JANE / maroon 5

maroon 5の1stアルバム。個人的にはやっぱりmaroon5はこれが一番良くて、次点で2ndアルバム。でも1stが際立って好きかな。歌詞が甘々じゃないのも曲の雰囲気とマッチしてて良い、要らない曲がひとつもない。アルバムとして通して聴くのはこの2つだけで、最新…

【CD感想】Cinematic / waffles

wafflesは2つめの感想。これまでは『One』と『pool』の2つしか聞いたことがなくて、このアルバムは最近になって初めて聴いた。Oneに入っている『虹』以外は特に印象に残らなかったけれど、このアルバムはすぐにお気に入りになった。声も曲の雰囲気も好きでこ…

【CD感想】東京 / サニーデイ・サービス

サニーデイ・サービスの他のアルバムはほとんど知りませんが、このアルバムは本当に良いですね。まずジャケットが良いですし、昭和の香りが残るちょっぴり切なくてちょっぴり幸せなメロウチューンたち。少し恥ずかしいような歌詞でもそれを全く感じさせませ…

【曲感想】五月の海 / くるり

くるり名義だとベストアルバムにのみ収録されている曲。コンピレーションアルバムにのみ入っていましたが、20回転に収録されました。爽やかなギターと潮風みたいなスーッと入ってくる歌詞で本当に好きな曲です。これを聴くためだけにベストを聴くのはかなり…

【CD感想】Be Here Now / oasis

重厚なサウンドが響くこのアルバム。『All Around The World』が入っているのでoasisの中でもお気に入り。確かに1曲が長く、5分以上の曲が殆どで7分前後のものも多い、『All Around The World』に至っては9分という長さなのでだれる印象もあるけれど、壮大な…

【CD感想】ソングライン / くるり

現時点でくるりの最新アルバム。これまでのアルバムと比べると『魂のゆくえ』が一番近いと思う。『魂のゆくえ』はくるりの中でも好きな方だけど、このアルバムは可もなく不可もなくという感じ。毒にも薬にもならぬ歌モノ群。その意味では『言葉にならない、…

【CD感想】Nowhere / Ride

これは初めて全体を通して聴いた時に、これは好きなやつだ、と思った。一度聴いただけでこのように思うのは珍しい。特にどの曲がお気に入りというわけではないが、ジャケットのように押し寄せてくる音の波が心地良い。ノイズのように騒々しい音のなかで甘美…

【CD感想】One / waffles

wafflesの1stアルバム。女性ボーカルのポップソングで女性版スピッツと呼ばれることもあるらしいけれど、スピッツらしいロック要素は無い。世間的なスピッツのイメージと合わせてみると分からなくもないかも。お気に入りのバンドというわけでもないけれど、3…

【曲感想】春風 / くるり

くるりの中でもすごく好きな曲。シングルバージョン、よもぎmixバージョン、Philharmonic or die収録バージョン、ベスト盤収録のAltanativeバージョンの4つあって、どれもオリジナルアルバムには収録されていない。個人的にはPhilharmonic or dieに入ってい…

【CD感想】Overexposed / maroon 5

ポップなダンスミュージックが特徴のmaroon 5のアルバム。エレクトロニカのようなカッコイイ曲が多い。ポップに振り切れた分、同じような曲が多くダンスポップ寄りの曲が多い中盤はちょっと倦むかも。終盤はおとなしめの曲が多くなって逆にあまり印象に残ら…

【CD感想】コピ・ルアック / chocolatre

キュートなピアノポップ6曲が入った3人ユニットchocolatreのアルバム。澄んだ声とメロディに癒される。現在活動はしていないみたいですが、Twitterは更新しているのでそのうちまたアルバムリリースはありそうです。跳ねてみたくなる可愛らしさの中にスマート…

【CD感想】シティーミュージック / 流線形

流線形1st。どこかで聞いたことがあるような少し懐かしのオシャレミュージック7曲が詰まったアルバム。ボーカルはサノトモミさん。ユーミンを聞いて育った世代にはウケそう。あ~こんなのあったなあ、となるような耳が肥えているリスナーには響きそう(?)。3…

【CD感想】おじゃる丸サウンド・トラック大全集 / おじゃる丸

おじゃる丸サウンドトラック集で、『詠人』、『プリン賛歌』などのテーマソングやBGMなど41曲が入っています。1番だけの曲もあり、そこは少し不満ではありましたが、おじゃる丸、そして月光町の温かな雰囲気が思い出される懐かしい曲を聴けるのは素直にうれ…

【CD感想】変身 / チャットモンチー

ドラムの高橋さんが脱退して2人体制になってからはじめてのアルバム。2人でやることにこだわって、ギターが無い曲、ベースが無い曲など、サポートメンバーを入れずに自分たちでドラムも叩いたかなり実験的な要素が強いアルバム。好きなアルバムではないけど…

【CD感想】Led Zeppelin I / Led Zeppelin

Led Zeppelinデビューアルバム。ハードロックバンドだと思っていたけれど、アコースティックな曲もあり、これもまた魅力なのかな。ハイトーンボイスは爽快。 1.Good Times Bad Times ★★★★★ イントロがいい。アルバムの中だと一番。 2.Babe I'm Gonna Leave Y…

【CD感想】シー・ガット・ザ・ブルース / マイクロスター

マイクロスターが前作『マイクロスター』から8年経ってリリースした2ndアルバムで、さらに洗練された洒脱なポップが10曲。どの曲も聞いてて楽しい、すごいアルバム。今作は前作と比べて、大人の雰囲気がプラスされたという感じで、特に#9夜間飛行の完成度は…

【CD感想】風の便りをおしえて / Easycome

大阪発のバンド、Easycomeの1stミニアルバム。ボーカルの真っすぐな声が爽やかな5曲のポップ・ミュージックが収録されている。特に、タイトルにもなっている『風の便りをおしえて』がめちゃくちゃ良い。軽快でいて、どこかノスタルジックなこの曲は早朝に聴…